私の『夏うた』

私はたまに飲み会の2次会でカラオケに行きます。

どんな歌を歌ってもそれは個人の好みですから、何も言う筋合いではないのですが。

カラオケでもKYな人はいますよね。

一番多いのが季節外れの歌を歌う人。

いくらうまくても夏に「なごり雪」、「氷雨」歌われてもねえ。

 

山下達郎が「クリスマスイブはどこでも何時でも歌いますよ。」と言っていたことを

聞いた記憶がありますが、あれくらいの大ヒットならば

聴きたいという人もたくさんいるのでこれはありでしょう。

 

しかし、一般人の場合はどうでしょうね?

やはり選曲のセンスを疑ってしまいますよね。

レパートリーが少なくても季節が関係する歌を歌う時は考えますよね。

 

私の場合はiPhoneのメモに四季の歌は別々にメモってあります。

もちろん、無季節のレパートリーは歌手ごとにあってその時の気分で選んでいます。 

 

 

前置きはこれくらいにして「私の夏うた」カラオケのレパートリーです。

夏うたも夏中、初夏、真夏、晩夏と微妙に分かれますよね。

 

f:id:macitosin:20170708100520j:plain

 

夏中 サザンの歌はどれでもほぼ夏中OKですが 

   ①匂艶ザナイトクラブ ②Hotel Caliofornia(年中夏?) ③夏をあきらめて

初夏 ①風を感じて ②ホテルパシフィック(ブレバタ)③始まりはいつも雨

真夏 ①時間よ止まれ ②何も言えなくて〜夏 ③夏祭り(陽水)

晩夏 ①夏の終わりのハーモニー ②少年時代 ③わかってください

 

こんな感じでしょうか。

ベスト①は「時間よ止まれ」です。

俳句と同じで季節を先取りするのはOKでしょう。

選んだ歌で年代がわかっちゃいますね。

 

夏うたで思い出しましたが、夏っぽい楽器といえばウクレレでしょう。

ハワイアンのあのけだるい夏の午後の感じの伴奏には最高です。

 

昔はイメージ的にはウクレレと言えば牧伸二加山雄三でしたが

今人気なのは「Jake Shimabukuro 」です。

彼の演奏はハワイアンがバックですが、もうウクレレの領域を飛び越えています。

そのテクニックはギターにも匹敵する超絶テクニックです。

 

でもそれだけじゃなくてウクレレが今ブームなんですよ。

理由は簡単に弾けて、持ち運びができ、演奏もやさしいというところからきています。

ちょうど季節的にもピッタリ。コードを3つ覚えれば気分はすっかりハワイアン。

 

f:id:macitosin:20170708110630j:plain

 

ハワイアンだけでなくてもどんな曲でもかっこいい伴奏が出来ます。

やってみようかなという気になった方は次のHPを訪ねてみてください。

楽器の購入から、レッスンDVD、チューナーなどスタートするに当たって

必要なものがすべて手に入ります。

 

ウクレレ入門でカラオケ上達   ←クリックしてください

 

また、楽器ができるようになるとカラオケも上達しますよ。

私も今度カラオケに行く時に持って行こうかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お初にお目にかかります。

別に大きな理由はないのですがTweeterでは短かすぎるので

ブログを始めることにしました。

どの程度のペースで書けるわかりませんがよろしくお願いします。